UA-65067346-2

2013年03月14日

卒業式

2013_0313_031.jpg

2013_0313_043.jpg


 昨日、本校第52回卒業式が行われました。

 卒業証書授与では凛々しい姿で卒業証書を受け取る卒業生でした。在校生からの送辞、そして答辞と進むにつれ、一人、また一人と涙を見せていました。

 式の後は保護者・教職員を交えての茶話会が開かれ、これまで育ててくれた保護者の方にこれまで言えなかった15年間の思い、そして感謝の言葉を涙ながらに伝えていました。

 送られる側より送る側が少ない本校ですが、在校生が準備から練習まで真剣に頑張り、良い卒業式をつくりあげることができました。

 PTAの皆様にも、卒業生の胸を飾るコサージュ作りなど、様々な面での御協力をいただきました。ありがとうございました。

 来月には新入生を迎えますが、しばらくは1・2年生だけの、少し静かな井之川中学校となります。これまで以上に一人一人が担わなければならない役割が大きくなりますが、教職員含め、学校一丸となって取り組んでいきます。


2013_0313_048.jpg

2013_0313_055.jpg

2013_0313_059.jpg


posted by 徳之島町立井之川中学校 at 08:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月22日

全校朝会

2013_0122_003.jpg


 本日の全校朝会の講話は養護教諭が行いました。インフルエンザも本格的に流行りつつあります。そこで、改めて手洗いうがいをきちんとすることの大切さについて話されました。

 また、末期がんの方の生への思い、「一粒の種でいいから生きていたい」という一言をもとにつくられた「一粒の種」(歌:砂川恵理)という曲も紹介していただきました。


2013_0122_004.jpg

2013_0122_005.jpg

2013_0122_009.jpg
posted by 徳之島町立井之川中学校 at 08:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月15日

全校朝会

2013_0115_002.jpg


 本校の全校朝会は、毎回、担当になっている先生が持ち回りで講話を行うことになっています。本日の担当は教頭先生。自分自身の留学生活での失敗談をもとに学んだことについて話されました。

<講話より>
・教師になってから数年、音楽についてもっと学びたいとの思いから留学を決意した。
・留学先のオーストリアではドイツ語。音楽の勉強とは別に語学の勉強も行っていた。
・しかし、徐々に授業についていけなくなり、教室でも下を向いてばかり。そうすると、先生にもあてられなくなり、素通りされるようになってしまった。
・ついに、授業をさぼってしまう。公園でブラブラしていたが、「これではいけない」と思う。
・「わからないから勉強をしているんだ、わからなかったら質問すればいいんだ」と気づく。
・それから、辞書を片手に猛勉強するように。そうすると、先生も、「わからないところはないか?」ときいてくれるようになった。
・皆さんはどうだろうか? わからないことを質問しているだろうか?
・わからないことをそのままにしていたら、きっと授業はものすごく退屈なものになる。
・「わからないのが恥ずかしい」のではなく、「わからないことを質問しないのが恥ずかしい」。
・先生は大人になってから気づいた。だから今日みなさんに伝えたい。
・良い学びをしていこう。


2013_0115_004.jpg
posted by 徳之島町立井之川中学校 at 08:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。